花火に行く時の衣装は浴衣がいいですが、浴衣には既製品と仕立て品があり、仕立ては時間がかかります。

花火の衣装はなんてたって浴衣が一番
花火の衣装はなんてたって浴衣が一番

花火の衣装は浴衣が一番

花火の見物に行く衣装は是非、浴衣を着ていって欲しいです。
浴衣はお腹まわりが帯をまいているので冷えません。
しかし、袖や脇などは風通しがよく涼しいです。
暑い日は確かに脱ぐと汗びっしょりかいていますが、夜の花火は風が強かったり、少し寒くなったりすることがあります。
そんなときでも浴衣は暑くても涼しくてもどちらでも最適ですのでおすすめです。

最近の浴衣は本当にたくさんの種類、色、柄が出回っており、洋服感覚で購入することができます。
特に楽なのは浴衣、帯、下駄がセットになっているものなどはすべてそろっているのですぐに着ることができます。

しかし、値段も手ごろな分、数回着ると糸がほつれたり、生地も薄かったり、ごわごわしているような浴衣が多いです。
値段の高いものは生地はしっかりしていますが、既製品というのは標準の身長、体重であればそれほど合わないことはありませんが、もし、体系にフィットしているものを選ぶならやはり仕立て品がよいです。
洋服で言えば、オーダーメイドです。
反物で選んで仕立ててもらう場合は自分の体形にあったものを仕立ててもらえます。

そういうときに注意したいのが仕立ての場合はある程度時間がかかるということです。
ミシンであれば早いかもしれまえんが、和服の場合は手縫いということもあります。
どのくらい時間がかかるのかを確認しないとせっかく花火大会に向けて購入したのに間に合わないなんてことになったら高い浴衣にした甲斐もありません。そういうことを確認した上で、既製品がよいか、仕立て品がよいか決めるとよいです。
最近は本当にいろんな既製品があるため、仕立ての場合は反物の種類が少ないところもあります。
生地や自分の体形にあっていたり、いいこともありますが、柄の種類が少ないこともあります。
そして、浴衣を何回着るのかということも考慮するとよいです。
体形が少々変わっても洋服よりは着れる時期は長いですが色柄によってさすがに若いときのものを年配になっても着ることはできない場合もあります。
洋服よりは長く着れる分、いいものを購入して欲しいですが、気軽にお手頃な浴衣を着てみて、浴衣に興味が出てきたらよいものを購入したりするのもよいです。
是非、多くの人が浴衣を着て欲しいです。